年収の低いIT転職は農業で決まり。
Contents

年収の低いIT転職は農業で決まり。

年収の低いIT転職は農業で決まり。 IT転職が叫ばれる一方で田舎の米農家では1世帯で20町近い田んぼを管理しているところも少なくありません。20町と言うとピンとこないかもしれません。よく皆様がテレビ等で御覧になる1枠の田んぼの土地、あれを1反(たん)と言います。1反を10個分で1町と言います。つまり20町というのは200反という事になります。都会で暮らしていると、とんでもない広大な土地という認識を持つかもしれませんが、隣近所が数百メートル間隔で開いている田舎だと、そう珍しい事でもありません。いくら年収がよくても、先にも述べましたように20町近くを1世帯がやる事も珍しくない、という環境なので、若者の地方離れにより地域では都会より高齢化が進み、農業を営めないという状況に陥る農家も少なくなくなってきました。農業をする人がいないという事は、それまで持っていた不動産も米も育てれず、建物も建たずで空中に浮いてしまう形になります。建物が建てれないのは「農地」だからです。「宅地」でないと建物を建てる事は日本の法律で禁止されています。
じゃぁ宅地にすれば良いのでは?という疑問がうかぶと思いますが、宅地に変更するという事は不動産に記載されている土地の登記を変更するという事になります。それに伴う出費というのはとても高値となるため何十町もある農地である不動産の全てを宅地に変えようとすれば、それこそ年収を上回る何千万円単位の出費が必要になってくるのです。農地のままのこの土地を有効活用するには農業に従事してくれる人を探すしかありません。放置しておけば良いとの考え方もありますが、農地を遊ばせると雑草の問題に起因する害獣害虫の問題や景観の問題など、田舎は田舎で色々な問題を抱えているという現状があります。そこで最近では市全体の取り組みとして休耕地のある地域へ引越してくれる若者へは補助金を出したり、農業が軌道にのるまでの生活を保障してくれたりと様々なサービスを提供しています。IT転職を積極的に考えている人たちにインターネットを通じ、農業への従事を幅広く募集しています。

ピックアップ



Copyright(c) 2022 年収の低いIT転職は農業で決まり。 All Rights Reserved.